カードローン限度額

カードローン限度額

カードローンは、利用する時に借りられる金額の上限が決まっています。それを限度額と呼び、それ以上の金額を借りる事は出来ません。

 

ただ消費者金融系などで借りるのを例に挙げてみると、年収の3分の1までの借入は出来るはずですが、実際に契約するときはそれよりも少ない金額に設定されてしまう事も多々あります。勿論最初に決められた融資限度額でも大丈夫であれば何ら問題は有りませんが、もう少し融資してもらいたいと思う事もあるでしょう。

 

そういう時は、その増額を申請する事で解決する事も可能です。とはいえ、自分の収入に見合っていないような金額には引き上げて貰う事は出来ません。またそもそも自分の希望額まで引き上げてもらえる保証はどこにもないのです。

 

さらに、申し込みをしたその場で上限がアップという事にはならず、手続きには数日を要する事も多々あります。だから、どうしても今日増額してもらいたいと思っていても、実は無理な話だという事を理解しておきましょう。そんな時に便利なのは、新たな借り入れをするという事です。

 

とは言っても、そこでの限度額は今までの借入額を考慮した額となります。また借入件数によっては別の金融機関に申込みをしても受け付けてもらえない事も有るので、カードローンを利用する時は計画的に、また時間的な余裕のある状態で利用するのがポイントです。

 

限度額の大きな借り入れで余裕を持つ

細かな借り入れをするのであればダイレクトワンの限度額程度での300万円でも十分ですが、大きな借り入れを希望する際には銀行から選ぶと良いのです。